光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました

WiMAXと契約を申し込む際、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。
中でも便利なのは、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスです。UQ WiMAXではUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。
どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。


某電機屋さんで、光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました。ですが、私はWiMAXを使用していますし、言うまでもなく、光回線は不要です。
そんなわけで、店員に対して断りを入れると、想定外の答えをされました。WiMAXは、雨風に影響されるでしょう?でも、これまで毎日のように使っているWiMAXではありますが、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。
天候に左右される事は一度もありませんでした。

豪雨の中であっても、WiMAXの受信が悪くなったり、そう言う経験は一度もありません。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社になるUQコミュニケーションズなのです。そう言う理由から、auに連動したサービスがいくつかあります。そんなの中でも代表的なのが、auスマートバリューmineとなります。(インターネット代を格段に安く方法は?より)
WiMAXの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auの料金が割引きされるサービスです。

 

WiMAXサービスを利用していて思う利点は、いくつか思い浮かびます。まず、モバイルインターネットですから、どこにいてもインターネットにアクセスする事が出来ると言う点です。
次に思い付くのが、無線を使ったサービスなので、インターネットの回線工事は不必要です。
また、モバイル回線って事で、低負担でインターネットサービスを利用する事が出来ます。
その他にも、帯域制限が厳しくない部分も、WiMAX人気に通じる部分と言えます。

評判のWiMAXではあるのですが、賛否両論、色々と意見があります。
具体的には、通信が途切れるだとか、そう言う悪い口コミもあります。にしても、WiMAXの高性能化に伴って環境も変化しています。従って、現状と口コミの内容が食い違うと言う事もしばしば起こり得ます。

WiMAXの口コミを読む際には、口コミが投稿された日付けから先に確認しましょう。
次世代のインターネットサービスと言う事で期待感の高まるWiMAXではあるものの、通信量に注意を払いながら使用するのが肝心です。
他のモバイルサービスと比較すると、WiMAXは緩めの速度制限の設定となっています。とは言え、通信速度は適用される可能性がありますので、仕組みをきちんと把握しておくと良いでしょう。
けれども、速度制限が適用されてしまっても、YouTubeの動画位なら普通に観れる通信速度は確保する事が出来る様にはなっています。WiMAXサービスのプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを用意しており、そのバリエーションの豊富さも評判の秘密です。
そればかりか、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな要因は、業界最高額のキャッシュバック特典にあります。更に、サポート体制もしっかりしているので、そう言った点が評判を支える大きな要因となっているのです。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応して、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なうテクノロジーの事です。
この結果、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言った速度から、二倍の220Mbpsになる訳です。
その他にも、Bluetoothと言う機能にも対応していますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングをする事が出来ます。KDDIで取り扱っているSpeed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る部分が特徴のWiMAX機器です。
その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、従来の倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。

加えて、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言った広い通信エリアを利用する事が出来ます。

 

Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵していませんから、USBポートから常に給電しつつ使用するタイプのWiMAX端末となります。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。

その理由としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリー消費が著しかったからなのです。

そんな訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。そして、三日間の総通信量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対策が取りやすくなりました。

nifty WiMAXでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。

キャンペーン対象となるWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能になります。

 

WiMAX端末が手元になくとも使用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良くなりますから、とても評判の良いサービスとなっています。Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションを搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応エリアが拡大しています。

 

更には、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応してて、充電しながらのインターネットにも対応してます。WiMAXを利用する際、注意すべき速度制限が二種類存在します。

 

ひとつめは、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限って言われているものがあります。次いで、混雑回避の為の速度制限って言われるものです。
ギガ放題プランに申し込むことによって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。ですけど、混雑回避の為の速度制限に関しては適用されます。

WiMAXのサービスを導入した事により、私の日常は一変しました。
一番変化が大きかったのが、スマートフォンで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。

 

Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマホの通信量は浪費しなくなった訳です。ですから、スマートフォンサイトにムービーが設置されている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。

 

URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX機器なので、バッテリーが組み込まれていない関係上、使用目的は屋内使用のみに限定されています。けれども、可動式の高性能アンテナが外部に取り付けられており、受信精度の高さが特徴の一つになっています。
加えて、一度に16台もの機器をWi-Fi通信可能ですし、2台の機器を有線で接続する事が出来ます。なおかつ、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードに対応していますから、速度制限に囚われる事なくインターネットを利用する事が可能です。WiMAXサービスを展開しているプロバイダなのですが、何社かあります。契約するプロバイダ毎にキャンペーン内容が異なりますから、そう言った部分で、注意した方が良いです。

具体例を出すと、様々なネットサービスを無料で利用したいと考えている方は、PEPABO WiMAX 2+が合っています。従って、契約したプロバイダで契約内容が異なるので、お得なプロバイダと契約を行なうようにしましょう。WiMAXの月額料金ですが、実は、契約先で料金が異なります。

 

具体的に言うと、Broad WiMAXの場合、最初に高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が値下げされます。
更には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が大幅に安いですけど、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高額になります。
こう言う感じで、各契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを分かった上で申し込み先を検討しましょう。WiMAXのサービスの中でも、最もサポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。

 

WiMAXサービスに対する情報を最も持っていますし、トラブル時のフォローも最も迅速かつ的確で、サポート受付け時間も最長です。

しかしながら、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の中身がイマイチですから、代理店と契約を行なうと言う手段もあります。代理店ならキャンペーン特典がある程度充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用出来ると言った良いとこ取りが出来ます。So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの申し込みを行なう利点ですが、セキュリティサービスが一つとして挙げられます。なぜならば、So-netが提供してるインターネットサービスはWiMAXに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う部分が好評なのです。付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事で、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSで利用出来て、最大で5台の機器までインストールする事が出来ます。

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティと言うソフトをインストールする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの色々な危険に対処する事が出来る点が、とても嬉しいキャンペーン特典と言えるでしょう。WiMAXはサービスの契約時に料金プランを選ぶ必要があります。

プロバイダにより少し違いはあるのですが、大体、2種類の料金プランが存在します。それは、通常プランとギガ放題プランです。
ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、料金分以上に通信を楽しむ事が出来ますお得な料金プランです。
反面、通常プランは月額料金が安いですが、速度制限の規制が厳しくなる分の注意が必要です。
毎月どれだけ通信を行なうかを考えながら、どちらか片方の料金プランに決めましょう。

WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXってプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特長としては、月額の使用料金が安い点が挙げられます。

 

その分初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダですから、長く契約を続ける方にはお勧めのプロバイダです。

 

WiMAXを入手すると、WiMAX機器しか使わないので、部屋がすっきりします。光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要があります。
モデムは月々レンタル料が掛かり、月額料金に追加課金されます。
一応、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますけど、無線カードを使用する月はレンタル料を取られてしまいます。

BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約をすると、二種類のキャッシュバック特典から好きな方を選ぶ事が出来ます。

一つ目が契約12ヵ月目に手続き開始になる現金キャッシュバックで、もう一方のキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。

Gポイントでのキャッシュバックの方が貰えるキャッシュバック額が若干多く、BIGLOBE IDとGポイント会員IDの対応付けを行った時期から貰えるのに加え、受取り損ねてしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに使用可能ですし、楽天ポイントやWAONポイントやAmazonギフト券などの約140社のポイントに変換出来ます。モバイルルーターを使ったインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。具体例を出すと、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。ぷららモバイルLTE速度制限が無いと言う話は間違いなくそうですが、上下最大通信速度は3Mbps程度しか出ません。

ぷららモバイルLTEの通信速度は、速度制限の際のWiMAXよりも遅いです。

そんな理由で、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますけれども、WiMAXと比べるならば、いつも速度制限が掛かっている状態になっているとも言えます。WiMAXサービスの契約の期間は25ヵ月間契約の自動更新型が基本で、契約期間内に解約手続きを進めた時には契約解除料が掛かってしまいます。
スタートからの13ヵ月間の契約解除料は19000円掛かってしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の契約解除料としては14000円で、26ヵ月目より後の契約解除料は9500円になります。ついでに、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料の設定金額はハードで、最初の25ヵ月の間の契約解除料の設定金額は24800円、26ヵ月目以後の契約解除料は9500円になります。

だけど、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合は契約20日以内の解約に対して契約解除料が掛かりませんので、単純に厳しいとも断言出来ません。
月額料金が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。
圧倒的に月々の費用が安いプロバイダですから、色々と条件を付けない中であると、業界で一番安いWiMAXのプロバイダと言えます。
しかしながら、auスマートバリューmineには非対応ですので、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。
合わせて、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までだけ対応となっている為、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。WiMAX通信機は普通の価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円も掛かります。結構な価格となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。そんな訳で、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますから、そんなプロバイダを選ぶとベストです。
WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。
このプロバイダが提供しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。

 

So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。

月額500円掛かる有料サービスですから、金額的に6000円くらいのお得感になると言えます。

 

最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末も登場しています。au 4G LTEはauの通信回線を使用し、日本の人口カバー率が99%を超える、かなり繋がりやすい通信回線なのです。

 

800MHzと言った低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置まで電波が行き渡りやすいです。
従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも増えて来ています。
WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を請求されてしまいます。
そんな長い契約期間になっていますので、きちんとしたところに申し込みを行いたい所です。うっかり見逃されがちな部分が、各契約先のサポートセンターの対応です。
コールセンターの営業日が平日だけだったり、フリーダイヤルでは無いプロバイダも少なくないですから、きちんと考慮してから契約を行いたいものです。