So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですが

WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダがあります。

このプロバイダが展開するWiMAXサービスなのですが、1年間分のセキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。

So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うセキュリティサービスです。月々500円のサービスですから、金額的に6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。WiMAXサービスを提供するプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのバリエーションの豊富さも評判の秘密です。

ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される一番の大きな要因は、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。(Speed Wi-Fi NEXT WX02 クレードルセットを最もお得に購入より抜粋)

しかも、保証内容もしっかりしているので、そう言った点が人気を支える大きな要因となっている訳です。URoad-StickはUSBタイプの軽量かつコンパクトなWiMAX端末でして、持ち運びが楽で便利です。
URoad-StickをUSBポートに接続する事により、電気をまかないながら使用する事が出来ます。難しいセットアップも行わずに使用出来ますから、そんな手軽さが人気のWiMAX端末になっています。対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、通信の下り最大速度となると110Mbps出す事が出来ます。WiMAXって言うインターネット通信サービスはあるのですけど、このインターネット通信サービスって、帯域制限が厳しくないところが人気の秘密です。
と言う訳で、余裕のあるインターネットの通信環境を手にしたいのであれば、一番適したモバイルサービスと言えるでしょう。速度制限のストレスから解放されたいと言う方は、熟慮してみてはいかがでしょう?Speed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX端末です。その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。

加えて、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアを利用する事が出来ます。
Speed USB STICK U01はバッテリーを装備していませんので、USBポートから給電しながら利用するタイプのWiMAX端末となります。
WiMAXと契約を行う際、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。

中でも便利なのは、公衆無線LANが利用可能になるサービスでしょう。

UQ WiMAXでしたらUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。

 

どんなプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスになります。

WiMAXのサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところも存在します。

例を挙げれば、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合には、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、日本全国にある旅館やレジャー施設、その他、スポーツクラブやインテリアショップ、レストランや宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が出来ます。
映画のチケットやミュージカル、展覧会やカラオケなど、書き尽くせない程対象となるサービスはバラエティー豊かですから、さまざまな方に価値を感じて貰う事が出来ます。

WiMAX専用の端末はいくつかラインナップされています。
新しいWiMAX端末が次々と発売されていて、新しい機能を持ったものが次々と出ています。具体例を言うと、WiMAX端末にWiMAX回線以外のWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の両方にも対応するようになりました。
その他には、通信速度も年々速くなって来ています。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入され、通信速度が倍に速まりました。UQ WiMAXサービスに申し込むと、その利便性の高さにビックリさせられます。
自分が契約後に感じたのが、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分です。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、通信制限のせいでイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXにも帯域制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルじゃ無くなるのです。
BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なうと、二種類あるキャッシュバック特典から好きな方を選択する事が出来ます。まず、キャッシュバックキャンペーンが契約13ヵ月目に貰える現金キャッシュバックで、もう一方のキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。Gポイントでのキャッシュバックの方が貰える金額が少し多く、早い時期から貰えるのに加え、受取り損なってしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。

GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに使用可能ですし、SuicaポイントやWAONポイントやTポイントなどの約140社のポイントに変換出来ます。

 

WiMAXを利用する時に、注意すべき速度制限は二種類存在します。まず、月間データ量による速度制限、俗に言われる7G制限って呼ばれているものです。二つめが、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります。
ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外になります。ただし、混雑回避の為の速度制限は適用範囲になります。

WiMAXサービスの中でも、最もサポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。

WiMAXサービスに対する情報を最も持っていますし、トラブルが起きた際の対応も最も早くて的確で、サポート対応時間も最長なのです。だけども、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチですから、代理店に申し込みをすると言う方法もあります。

代理店だとキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが可能です。月額料金が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが挙げられます。
びっくりするほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けない中であると、業界で一番安いWiMAXのプロバイダだと言えます。

 

だけど、auスマートバリューmineには非対応ですので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。

加えて、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX機器も登場しています。
au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用して、人口カバー率が99%を超えると言う、かなり繋がりやすい通信回線です。
800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドなので、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった場所にも電波が届きやすいです。

今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応しているエリアとか、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも増えて来ています。WiMAX端末は普通の価格が20000円しますし、クレードルセットで22750円も掛かります。

 

それなりの価格となりますので、WiMAX導入の際の足かせになってしまいます。そう言う訳で、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますから、そう言うプロバイダを選ぶとベストです。

So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの申し込みをするメリットですが、セキュリティサービスがメリットの一つと言えます。

 

その理由とは、So-netが提供しているインターネットサービスはWiMAXに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点が人気なのです。
付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのことを指し、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSで利用可能で、最大5台の機器までインストールする事が可能です。
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にセットアップする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの色々なリスクを減らす事が出来る点が、とても嬉しいキャンペーン特典と言えます。

WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社のUQコミュニケーションズなのです。

ですので、auと連携したサービスがいくつかあります。
その中でも特徴的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。
WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auのサービスの料金が割引きされるサービスです。
WiMAXの端末の中においては、au 4G LTEと言うauの通信回線を扱えるものもあります。au 4G LTEは人口対応率99%と言う利便性の高い通信回線で、幅広いエリアで繋がります。
その上、800MHzのプラチナバンドを使用してますから、奥まった部分まで電波が行き届きます。

その一方で、一度でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても通信制限が普通に適用されます。

 

WiMAXを利用していて感じるメリットは、複数思い浮かびます。
まず思い浮かぶのが、モバイル回線って事で、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。
次に考えられるのが、無線のネット回線なので、インターネットの回線工事は不必要です。他にも、モバイルのネット通信ですから、毎月の通信費が低くなると言うメリットがあります。また、速度の制限が厳しくないと言うところも、WiMAXの魅力と言えます。

URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末で、バッテリーを内蔵していない関係から、使用用途は屋内使用のみに限定されています。

ただ、可動式の高感度アンテナが外付けになっており、受信精度の高さが特徴の一つとなっています。
しかも、一度に16台もの端末をWi-Fi通信出来る上、2台の機器を有線で接続する事が可能です。合わせて、WiMAX通信だけを利用するノーリミットモードに対応していますので、通信制限を気にせずインターネットを行なう事が出来ます。

WiMAX通信機の大きさは、スマートフォンよりも小さいです。
と言う訳で、カバンに入れて持ち運びできます。
ポケットに入る大きさですし、重さも厚みも大した事無く、ハンカチと一緒に入れても大丈夫です。WiMAX端末は、スマートフォンアプリを使用して操作する事が出来ます。

だから、WiMAX対応の通信機をカバンの中に入れ、その状態で使用する事も可能です。

インターネットサービスの契約をしようと今の業界を調べてみましたが、モバイル業界への人気の高まりを感じるようになりました。
好きな場所からインターネットにアクセスする事が出来ると言う自由度があって、とても利便性が大きいのが特徴です。
そう言う面とは逆に、モバイルに対して不安定なんじゃないかと言う部分があります。
しかしながら、モバイルの整備は目まぐるしく進んでいますから、通信を安定した状態で楽しむ事が出来るようになりました。

と言う事で、モバイルだからと言っても、侮れないです。WiMAXサービスを提供するプロバイダの間でも、ちょっと変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが大半なのですが、3WiMAXの場合はKDDI系列のWiMAXサービスを取り扱っています。

そう言う事から、3WiMAXでは提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全く異なります。例えば、3回線のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、他のプロバイダではランナップされていません。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、現在は対応エリアが広がっています。

そして、au 4G LTEと言う機能はHWD15から受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。
勿論の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しつつの通信も可能です。WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと違約金を請求されてしまいます。

 

それほど長い契約期間になっていますので、しっかりとしたところと契約を行いたい所です。
意外と見落とされがちな部分が、各申し込み先のサポートセンターの対応です。コールセンターの営業日が休日は非対応だったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダも少なくないですから、きちんと判断してから申し込みを行いたいものです。
モバイルのインターネットサービスには、WiMAX以外にも様々なサービスがあります。

 

一例を挙げると、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEがあります。

このサービスは確かに速度制限はありませんが、下りの最大通信速度はたった3Mbpsしか出ません。
ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限の掛かったWiMAXよりも低速です。そんな理由から、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXを例に出すとすれば、速度制限が掛かり続ける状態でのサービス利用と同等です。

 

Broad WiMAXとは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスでして、特に月額最安プランが特徴的だったりします。月額最安プランと言った料金プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い分初期費用が必要となる点が挙げられます。
ただし、一定条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結局は初期費用を支払う必要が無くなります。
しかも、いつでも他のインターネットサービスに契約を移る事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最短で即日発送されると言った部分もBroad WiMAXの特徴となっています。某電機屋さんで、光インターネットの勧誘を受けました。
でも、WiMAXを使っている私ではありますし、当然、光回線の契約は考える余地も無いです。

ですから、必要ない意思を店員に対して伝えると、想定外の返事をされました。
WiMAXだと、天気によって受信具合がコロコロ変わるでしょう?ただ、これまでの経験上、天気とWiMAXの受信具合を証明するような因果関係は見られません。
大雨の中であっても、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。

 

新たにWiMAXのサービスを導入した事で、私の生活は変わりました。最も変わったのが、スマホで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。

Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマホで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。そう言う事から、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に観れる状態になりました。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なうと、月額料金の決済の度にGMOポイントが100pt貰えます。
貰えたGMOポイントはBBウォレットと言うサービスで100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の利用料金の支払いに使用する事が出来ます。
BBウォレットの残高に現金を入れておくと、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として使用されます。他にも、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりとして利用可能だったり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに利用する事も可能です。