WiMAX機器しか使わないので

UQ WiMAXじゃなくてKDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点がウリのWiMAX機器です。これだけ速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。

この3波を使用したキャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を達成出来ている訳なのです。ですが、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限りがある為、利用可能なキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。

 

UQ WiMAXを購入すると、WiMAX機器しか使わないので、部屋の中がすっきりします。固定回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要があります。モデムは月々レンタル料金が必要で、月々の使用料金に上乗せされます。

手段としては、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですけど、無線カードを使用する月はレンタル料金を取られてしまいます。WiMAX通信機は通常価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円もします。それなりの価格となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。(UQ WiMAXのキャッシュバックと、その他プロバイダーとの比較参照)

って事で、各プロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルとセットで無料のとこもありますので、そう言うプロバイダを選択するとベストです。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとしてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴には、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載し、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広いエリアでの通信を行えます。

更に、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いと言えます。

WiMAXの利点としては、無線を介したインターネット通信を行なう事が出来ると言う点にあります。

無線ですし、どんなトコからでもインターネットアクセスが利用可能となります。
加えて、WiMAX端末はポケットサイズですから、携帯性が高いです。

 

諸々の点を考えると、タブレットと一緒に持ち運んで、好きな場所から使用するのも良いです。

 

なので、タブレットの無料プレゼントを行っているWiMAXプロバイダもあります。

周知の通りWiMAXには速度制限がありますが、それほどハードなものではありません。
ギガ放題プランにて契約すれば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がありません。混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。

 

帯域制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さはキープされます。
WiMAXの契約を行う際、料金プランを選択する必要があります。
プロバイダ毎に多少の違いはありますが、大体、2種類の料金プランが存在します。気になる料金プランについてですが、通常プランと言う料金プランとギガ放題プランと言う料金プランです。
ギガ放題プランだと月額料金が高くなりますけど、たっぷりと通信を行なう事が出来るお得な料金プランです。
対して、通常プランは安いと言うメリットがあるものの、速度制限の規制が厳しいと言うデメリットがあります。自分のライフスタイルに合わせて、一つだけ料金プランを選ぶようにしましょう。UQ WiMAXを契約すると、その利便性の高さにビックリさせられます。

 

私が感じたのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。

私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルじゃ無くなるのです。

WiMAX機器の中には、au 4G LTEと言うauの通信回線を扱えるものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率99%と言う利便性の高い通信回線で、広いエリアで繋がります。
そして、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますので、奥まった場所まで電波が行き届きます。
その一方、一度でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が掛けられます。
WiMAXと言うモバイルサービスの提供元は、auの子会社となるUQコミュニケーションズです。

と言う訳で、auと連携したサービスがいくつか存在します。

その中でも特徴的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスです。
WiMAXの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auの月額料金が割引きされるサービスです。
WiMAX通信機のサイズは、スマホよりもミニサイズです。そう言う理由で、外に持ち出せます。ポケットに入るサイズですし、重さや厚みは大した事無くて、ポケットに入れた状態で座っても、ポケットは膨らみません。
WiMAX対応の通信機は、スマートフォンアプリを使用して操作する事が出来ます。なので、ワイマックス端末をカバンの中に入れ、その状態で使用する事が出来ます。家電量販店にて、光回線を店員からお勧めされました。WiMAXで満足している私ですし、勿論ですが、必要ないものです。

 

販売員に必要ないと伝えたところ、呆れるような返事が返って来ました。
WiMAXなんか、天候が荒れたら受信が悪くなるでしょう?ですけれども、私の今までのWiMAX経験からすれば、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXの通信環境に影響を与える事はありませんでした。WiMAXサービスに申し込んだ事で、私の日常は一変しました。
一番変化が大きかった事は、スマホで7G制限を気にする事がなくなりました。
Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマホの通信量は消費しなくなった訳です。そんな事で、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合でも、気にせずPCのように観れるようになりました。WiMAXの専用端末は数種類あります。

次々と登場するWiMAX端末の種類は多く、WiMAXはどんどん多機能になっています。
WiMAXの通信回線もそうで、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の2つの通信回線も追加されました。
それから、通信速度が年々速くなって来ている点も挙げられます。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと向上しました。WiMAXのサービスを提供しているプロバイダなのですが、幾つか存在します。契約するプロバイダでキャンペーン特典の内容が違いますから、そう言った点で、気を付ける必要があります。一例ですが、様々なネットサービスを無料で利用したいと考えている方は、PEPABO WiMAX 2+が合っています。こういった風に、契約先となるプロバイダによりお得感に差が出ますから、少しでもお得なプロバイダと契約を行うのが望ましいでしょう。

Speed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX端末です。その秘密ですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて利用する事で、従来の二倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。更に、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアを利用する事が出来ます。

Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵していませんので、USBポートから給電しつつ利用するタイプのWiMAX端末となります。

 

WiMAXサービスの月額料金ですけど、実際の所、契約先により料金が異なります。

例として、Broad WiMAXの場合は最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が割引きされます。それ以外には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですが、契約25ヵ月目からの月額料金は高額となります。
こう言った感じで、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますから、それを把握した上で契約先を検討しましょう。nifty WiMAXでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。対応するWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。

 

WiMAX端末を所持してなくても利用する事が出来ますし、帯域制限も気にしなくて良いので、とても評判のあるインターネットサービスとなっています。
モバイルルーターを使ったインターネットサービスには、WiMAX以外にも様々なサービスがあります。
例えば、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEがあります。

速度制限の無いぷららモバイルLTEではあるのですが、通信速度はわずか3Mbps程度です。
この通信速度ですが、速度制限の際のWiMAXよりも遅いです。

従って、速度制限が無いとは言えども、WiMAXを例に出すと、ずっと速度制限が掛かっている状態と同じです。WiMAXを利用する際に、注意すべき速度制限は二つあります。一つめは、月間データ量による速度制限、俗に言われている7G制限って言われているものがあります。二つ目が、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものです。

ギガ放題プランへ申し込むことによって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除になります。
ですけど、混雑回避の為の速度制限に関しては適用されます。
WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの通信回線で、日本の人口カバー率が99%を超えている、非常に受信しやすい通信回線です。

800MHzと言った低周波数域を使用したプラチナバンドで、障害物をすり抜けたり回り込んだりして、奥まった位置まで電波が行き渡りやすいです。従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応して、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線同時の通信を行なうテクノロジーの事です。このテクノロジーにより、下り最大通信速度が従来の110Mbpsから、倍の220Mbpsになる訳なのです。加えて、Bluetoothに対応していますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。評判のWiMAXではあるのですが、様々な事が言われています。一例ですが、電波がプツプツ途切れるだとか、そんな感じの悪い評判もあります。

 

そんな状況ではありますが、WiMAXを取り巻く環境は毎日変化しています。そんな訳で、口コミの状態が今も続いているとは言い難い状況にあります。
口コミサイトのWiMAXの記事を読む場合、記事の投稿日は最低でも確認しましょう。

 

UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約が基本です。

 

なぜかと言えば、25ヵ月間縛りの契約を行なう事によって、25ヵ月間の月額使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

その上、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結果的に、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。

500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんけど、値引きが適用されるのは毎月の事ですので、お得感は積もり積もって大きいものとなります。

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。

その理由は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが激しかったからです。

そんな訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれるモードが新たに搭載されました。
そして、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が行いやすくなりました。

 

WiMAX通信専用の端末は、次々と新しいものが開発されます。
個々によって性能が異なり、出来る事も違います。
中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売開始です。
このWiMAX端末はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。
最近、WiMAXの契約先の中には、独自の保証制度を設けるプロバイダが登場しています。

例として挙げれば、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を用意しています。
また、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日の保証制度を導入しています。
どっちの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。月額料金の安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが挙げられます。
圧倒的に月額料金が安いプロバイダですから、色々と条件を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダであると言えます。
だけれども、auスマートバリューmineに対応していませんので、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。
はたまた、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までのみ対応しているので、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。

このプロバイダが展開するWiMAXサービスなのですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
このセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。月々500円掛かる有料サービスですから、6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXは、通常3種類の料金プランが存在します。
28000円の高い現金のキャッシュバックが貰える通常プランや、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。

他にも、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。
ちょこちょこ、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、これはいつもある料金プランではありません。