新型WiMAX端末のWX02やW02も

ここ最近のインターネットサービスの動きを見ていると、じわりじわりとモバイル業界の人気が高まる傾向にあります。好きな場所からインターネットにアクセスする事が出来ると言う自由度があって、利便性が格段に上がります。ですが、モバイルだとどうしても、通信状態の信頼性が乏しいところはあります。ですけれども、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、安定したインターネットを楽しむ事が出来るようになっています。ですから、無線を使っているからとバカには出来ません。電気屋さんで、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。

既にWiMAXを使っている私ですし、無論、光回線に対して必要性を感じていません。販売員に必要ないと伝えたところ、驚くべき事を言われました。
WiMAXだと、台風の日とか、受信できなくなるでしょう?ですが、3年間WiMAXを使用して来た経験上、WiMAXが天気に左右され、使えなくなる等と言う事は一度もありません。

豪雨の中であっても、WiMAXの使い勝手が悪くなるような事はありませんでした。WiMAX通信を行なう為の端末は、どんどん高性能化されています。何よりも、通信速度の向上が目立ち、今、下りの最大の通信速度が220Mbpsと言うスペックに達しています。とは言っても、近頃は通信の速さより、総通信量に対する注目が集まっています。(BIGLOBE WiMAX 2+ Flat ツープラス ギガ放題の料金や特徴にて解説)

 

新型WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。

その訳は、混雑を回避する為として3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、この適用が運用されるようになったからです。

 

ですから、製造会社や使用者的には、ここに敏感になっているのです。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特徴としては、月額料金が安い点が挙げられます。

その分だけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。

 

契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長く契約を続ける方にはお勧めのプロバイダです。WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところもあります。

具体的には、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合には、DTI Club Offと言うDTI会員限定のオリジナル割引特典が付いて来ます。

DTI Club Offとは、日本全国にある宿泊施設やレジャー施設、更には、温泉施設やスポーツクラブ、レストランや居酒屋などなど、さまざまなサービスを特別優待価格で利用する事が出来ます。
展覧会やミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせないくらい対象となるサービスは幅広いですから、さまざまな方に価値を感じて貰う事が出来ます。ワイマックスってインターネットのサービスですけれど、このインターネット通信サービスって、帯域制限の規制が緩く、その分の使い勝手の評判が良いです。なので、じっくりと通信を行なう予定があるのならば、コレ以上のモバイルインターネットサービスはないでしょう。

速度制限を気にしてられないと言う方は、一案として考えてみてはいかがですか?Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

 

なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからなのです。

なので、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。

 

なおかつ、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策がしやすくなりました。UQ WiMAXのサービスの醍醐味は、通信制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。

 

他のモバイルインターネットサービスだと、帯域制限が恐ろしくて映画など見てられません。
平気な事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?けれども、WiMAXならば堂々と映画が観れますし、24時間インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線同時の通信を行なう技術の事です。
その結果、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、倍の220Mbpsになる訳です。
その他には、Bluetoothにも対応してますので、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。WiMAXのサービスに申し込んだ事で、私の日常は一変しました。一番変わったのが、スマートフォン通信で7G制限に気を取られる必要がなくなりました。

 

Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。そんな事から、スマートフォンサイトに動画が設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に観れる状態になりました。WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元は、auの子会社となるUQコミュニケーションズなのです。
だから、auと連動したサービスがいくつかあります。

そんな中で代表的なものが、auスマートバリューmineでしょう。WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auの月額料金が安くなるサービスとなります。

WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を取られてしまいます。

 

それほど長い契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約を行いたい所です。

 

意外と見落とされがちなのが、各申し込み先のサポートセンターの応対です。カスタマーサービスの受付日が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダも少なくないですから、しっかりと考慮してから契約を行いたいものです。WiMAXを使用する際に、注意する速度制限が二種類あります。

 

ひとつ目が、月間データ量による速度制限、俗に言われる7G制限って言われているものです。二つめは、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものが存在します。

ギガ放題プランに申し込む事によって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外となります。しかし、混雑回避の為の速度制限は適用となります。

WiMAX通信に対応した機器のサイズは、ポケットサイズです。と言う訳で、カバンに入れて持ち運びできます。

ポケットに収まる大きさですし、重量も厚みも大した事なく、ハンカチと一緒に入れても大丈夫です。WiMAX対応の通信機は、スマホアプリを使用して操作可能です。ですから、WiMAX端末をカバンの中に入れ、その状態で使用する事も可能です。

最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末も登場しています。
au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線で、日本の人口カバー率99%を超える、とても受信しやすい通信回線なのです。800MHzと言った低周波数を使用したプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所まで電波が届きやすいです。

従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応している地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大しています。
WiMAXの良い所は、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。

無線を使用しますから、どこからでもネットアクセスが可能となり、利便性は高まります。
また、WiMAX機器はポケットサイズですので、携帯性に優れています。
そんな部分を考えると、タブレットとの相性が抜群です。
である為、WiMAXプロバイダの中にはタブレットのプレゼントキャンペーンを行っているところもあります。
WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダは、通常は3種類の料金プランがあります。28000円の高い現金のキャッシュバックが貰える通常プランや、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。

更には、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランがあります。時たま、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、こちらはいつもラインナップされている料金プランと言う訳ではありません。

 

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点がウリのWiMAX端末です。こんなに速い通信速度を出す事が出来る秘密なのですが、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。この3種類の電波を使用したCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を束ねる事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現出来ていると言うわけなのです。しかしながら、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売しているショップには限りがある為、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに種類が多くありません。
WiMAXと契約を行う際、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。中でもお勧めなのは、公衆無線LANサービスです。

UQ WiMAXならUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。

どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

 

月額料金が安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXがございます。びっくりするほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けないのであれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダだと言えます。ですけれども、auスマートバリューmineには非対応ですから、auにてスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダとなります。そして、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までだけ対応となっている為、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。モバイルインターネットサービスの中でも話題のWiMAXではありますが、通信のし過ぎによって速度制限を掛けられてしまう事を考慮しておく必要があります。他社のモバイルインターネットサービスと比べ、WiMAXはそこまで厳しい速度制限を設けていません。
と言うものの、速度制限が適用される場合がない訳ではありませんので、その点には注意しましょう。
ただし、速度制限の対象内となった場合にも、そこまで神経質に考えなくても問題無くインターネットは出来ます。

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。

対象のWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。WiMAX端末を所持してなくても利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良いので、とても評判の良いサービスとなっています。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開していて、そのラインナップの豊富さも人気の秘密です。それだけではなく、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。しかも、サポート体制もしっかりしていて、そう言った点が人気を支える大きな要因となっているのです。WiMAX端末は普通の価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円もします。
かなりの価格となりますので、WiMAX導入の際の足かせとなってしまいます。
って事で、各プロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますから、そんなプロバイダを選択すると良いです。

モバイルのインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。
例えばですが、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEがあります。

ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、下りの最大通信速度はたった3Mbpsしか出ません。ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限時のWiMAXよりも低速です。そう言う理由から、速度制限が無いとは言えども、WiMAXと比べると、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。

 

UQ WiMAXサービスに申し込むと、その利便性の良さに驚かされます。私が契約後に感じたのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。
自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、通信制限のせいでイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも帯域制限はありますけれど、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルじゃ無くなるのです。
Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応エリアが広がっています。

加えて、au 4G LTE対応はHWD15から踏襲し、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。

当然の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応していて、充電しながらの通信にも対応しています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとしてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回り広いエリアでの通信を行えます。
他には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の全く違うところと言えます。

WiMAXサービスを運営するプロバイダの間でも、少し変わっているのが3WiMAXってプロバイダです。

WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですけど、3WiMAXの場合はKDDI系統のWiMAXサービスを取り扱っています。
ですから、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全然違います。
例を挙げれば、3回線のキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、他のプロバイダにはランナップされていません。
WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。このプロバイダが提供するWiMAXサービスですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。

So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うセキュリティサービスです。本来は月々500円のサービスですから、6000円くらいのお得感になると言えます。