注意しましょう

近年においては、バストアップを達成できないのは、DNAの影響よりも日々の生活が似ているのが原因というのが広く認知されるようになってきています。栄養の偏り、運動の不足、充分な睡眠を確保できていないことなどが、バストアップを邪魔している可能性があります。

親子、姉妹間のバストサイズのちがいは、多くみられる傾向ですから、成長する可能性があります。豆乳は胸を豊かにするのに効果があるとして知名度が高いですね。「大豆イソフラボン」という成分が豆乳にふくまれていて、まるで女性ホルモンのようなはたらきをするという話です。今では豆特有の臭いも抑えられておいしい豆乳が売られていますから、豆乳の摂取に前向きに取り組んでみるのもいかがでしょうか。ですが、身体に不必要なほど摂取しすぎるのはよくないので注意しましょう。小さな胸にコンプレックス(スイスの精神科医・心理学者ユングによって有名になった言葉だそうです)を抱いていても、大人になったらこれ以上胸は成長しないと諦めている女性も多いかもしれません。意外かもしれませんが胸の大きさは遺伝というよりむ知ろ生活環境による影響が強いと考えられています。思い切ってプチ整形なんてする前に、普段の生活を見直してみましょう。実はバストアップを妨げる生活習慣を行っているせいで、胸が大きくならないのかもしれないのです。

パラネージュ