大敵は頭皮の蒸れ!

私は若い頃から髪の毛が細く、将来必ずハゲると周りの友人達からよくからかわれていました。その場の雰囲気を壊さないようにするため、私も一緒になって笑っていましたが、内心ハゲたらどうしようと常に気になっていました。実際頭頂部の渦は周囲の人よりやや大きく、地肌がうっすら見えている状態でした。

当時はこの頭頂部の渦が大きいことがとても恥ずかしく、外出する時は常に帽子を被っていました。帽子で頭頂部の渦を隠すことで、ハゲるというコンプレックスを和らげていたのだと思います。しかし、確かに帽子を被れば薄くなった頭頂部を隠すことができるのですが、頭頂部の渦の広がりを止めることは一切できませんでした。

当時は全く知らなかったのですが、実は頭が蒸れた状態にあるとうことが頭皮にとってかなりのダメージに繋がるのです。つまり私は、薄い頭頂部を隠すために帽子を被り、そのため常に頭は蒸れた状態で頭皮に深刻なダメージを与え続けていたのです。そのせいで今ではすっかり頭頂部の地肌は露わになり、さらにおでこの範囲も年々広がっている有様です。しかしなんとか現状維持できることを願いつつ、就寝前のドライヤーは欠かさず行ない、頭皮の蒸れを防いでいます。

マイナチュレをお探しならhttp://cheapnfljerseysbiz.com/