人間

しかし、ガンダムにおいてはこれを「人間」とした。

それにより、「敵であっても結婚したいやつがいる」という劇を展開した。 アムロ・レイやシャア・アズナブルまたブライト、ランバ・ラルなどといった魅力的な人物を描き、これまでのアニメにはなかったリアルな人間関係が展開されたのだ。 また、設定的にもSF映画を思わせる壮大な設定であった。 増えすぎた人口を移住させるというスペースコロニー。 また、その戦争のきっかけとなったのも、スペースコロニーに移住した人々は所謂貧乏な人たちで、金持ちが地球には残ったそうだ。 その中で、スペースコロニーの一部の人々(サイド3)は独立を掲げジオン公国と名乗り宣戦布告したのが初代ガンダムの舞台となった一年戦争である。 これまでのアニメにはなかった、戦争に巻き込まれる人々を描いた。 例えば、物語終盤には、学徒動員でジオンはパイロットを雇っていたが、戦死する際は「おかあさーん」と叫びやられるシーンや、クリスチャンがいたのだろう。「マリアー」と叫び死ぬ兵士などもいた。 このように、当時のアニメとしては衝撃的な、いわゆる子供だまし、子供向けに作られたアニメではなかった。 しかし、放送当時は視聴率が悪く打ち切りになったらしいが、再放送で人気が巻き起こり、更にガンプラが社会現象を巻き起こしガンダムブームが巻き起こった。

上野の脱毛ラボ