IT」カテゴリーアーカイブ

光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました

WiMAXと契約を申し込む際、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。
中でも便利なのは、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスです。UQ WiMAXではUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。
どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。

続きを読む

So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですが

WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダがあります。

このプロバイダが展開するWiMAXサービスなのですが、1年間分のセキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。

続きを読む

WiMAX機器しか使わないので

UQ WiMAXじゃなくてKDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点がウリのWiMAX機器です。これだけ速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。 続きを読む

新型WiMAX端末のWX02やW02も

ここ最近のインターネットサービスの動きを見ていると、じわりじわりとモバイル業界の人気が高まる傾向にあります。好きな場所からインターネットにアクセスする事が出来ると言う自由度があって、利便性が格段に上がります。ですが、モバイルだとどうしても、通信状態の信頼性が乏しいところはあります。ですけれども、昨今のモバイルの状況は進んでいますから、安定したインターネットを楽しむ事が出来るようになっています。ですから、無線を使っているからとバカには出来ません。電気屋さんで、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。

続きを読む

各プロバイダで契約内容は変わるので

利便性の高さが評判のWiMAXサービスではありますけど、通信のし過ぎには注意しましょう。

他のモバイルインターネットサービスと比べると、WiMAXの速度制限は厳しくありません。とは言えども、速度制限が適用されるケースもありますから、通信し放題だと勘違いしないようにしたいものです。 続きを読む

三日間の総通信量がディスプレイされる機能が

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。

その訳は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからなのです。 続きを読む

通信の規制が厳しくないと言う部分も

WiMAXサービスを販売するプロバイダの中に、Broad WiMAXというプロバイダがあります。Broad WiMAXの特長としては、月額の料金が安い部分が挙げられます。

その分だけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。 続きを読む

WiMAXなら堂々と映画が観れますし

WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します。WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、新技術が次々と導入されています。具体的に言えば、WiMAX端末にWiMAX回線以外のWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が新機能として追加されました。

その上、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された時も、通信速度が目まぐるしく速くなりました。
UQ WiMAXの強みは、速度制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。他社のモバイルインターネットサービスだと、速度制限が怖くて映画など見てられません。

続きを読む

WiMAX通信機をカバンの中に入れ

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機としてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX機器です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を利用する事が出来ると言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を備え、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回り広いエリアでの通信を行えます。更には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところと言えます。 続きを読む